現役弁護士が書いた出張版マンガと法律(憲法編2)

現役弁護士が書いた出張版マンガと法律(憲法編2)
Purchase Limit:
20

  • Physical (direct)
    Ships within 2 days
    500 JPY

現役弁護士が書いた出張版マンガと法律~おいガキ共、これは憲法何条だ?~(憲法編2) サンプル版 COMIC CITY大阪 113 新刊です。 開催日時:平成30年1月14日 10:30~15:00 場所:インテックス大阪 スペース:6号館D む34a <<本書閲読上のご注意>> 1.本書は原則として単行本第1~22巻で発生した事実に基づいて書いています。第23巻につきましては第22巻までと内容が全く異なるため、基本的に考慮対象外としています。また、必要に応じて柳田理科雄先生ご執筆の「進撃の巨人 空想科学読本(本書において、「空想科学読本」とします)」なども参考にしています。 2.かなり無理のある設定ですが、壁内国家について日本国憲法が適用されるものとします。また、作中に存在する法令・制度は日本国憲法と矛盾抵触するものも少なくありませんが、可能な限り原作尊重の意図のもと、本書で取り上げたもの以外、一応有効なものとして扱います。 3.日本国憲法の条文上「国民」「日本国民」という文言が用いられていることがありますが(第9条や第13条など)、本書では壁内国家の住民等、適宜読み替えるものとします。 4.本書では「人類」という言葉を用いています。壁外国家等の存在が明らかになった現在、ヒトの総体という意味での「人類」という表記を用いることは不適切と思われるかもしれませんが、原作尊重の観点から単行本掲載当時の表現をそのまま記載しています。 5.ネタバレにつきましては一切責任を負いかねます。また、ネタバレ回避措置は一切講じておりません。 6.法律解釈・適用に絶対の正解はありません。また、そもそも原作とわが国の統治形態それ自体が異なるところに、無理矢理日本国憲法を適用させていることとの関係上、かなりいびつな解釈になっている部分があります。可能な限り主要な学説、裁判例にのっとった解釈をしているつもりですが、本書の立場はあくまでひとつの見解であり、これと異なる立場や結論がありうることを否定するものではありません。 7.読者の皆様が実際に遭遇された事件につき、本書を参考にされたことに起因するいかなる不利益が生じましても、著者らは一切の責任を負いかねます。 8.なるべくわかりやすい文章にするよう心がけましたが、そのため正確性を欠いては本末転倒なので若干難解な部分があるかもしれません。その点ご理解ください。 9.<<事案の概要>>は、事案をわかりやすくするため省略、改変しているところがあります。事案の詳細は各自原作をご確認ください。 以上、ご注意の上、本書をご覧ください(本文条文込で22ページ)。 現役弁護士が書いた出張版マンガと法律(憲法編2) | RPガス [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=66276069

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

現役弁護士が書いた出張版マンガと法律~おいガキ共、これは憲法何条だ?~(憲法編2) サンプル版 COMIC CITY大阪 113 新刊です。 開催日時:平成30年1月14日 10:30~15:00 場所:インテックス大阪 スペース:6号館D む34a <<本書閲読上のご注意>> 1.本書は原則として単行本第1~22巻で発生した事実に基づいて書いています。第23巻につきましては第22巻までと内容が全く異なるため、基本的に考慮対象外としています。また、必要に応じて柳田理科雄先生ご執筆の「進撃の巨人 空想科学読本(本書において、「空想科学読本」とします)」なども参考にしています。 2.かなり無理のある設定ですが、壁内国家について日本国憲法が適用されるものとします。また、作中に存在する法令・制度は日本国憲法と矛盾抵触するものも少なくありませんが、可能な限り原作尊重の意図のもと、本書で取り上げたもの以外、一応有効なものとして扱います。 3.日本国憲法の条文上「国民」「日本国民」という文言が用いられていることがありますが(第9条や第13条など)、本書では壁内国家の住民等、適宜読み替えるものとします。 4.本書では「人類」という言葉を用いています。壁外国家等の存在が明らかになった現在、ヒトの総体という意味での「人類」という表記を用いることは不適切と思われるかもしれませんが、原作尊重の観点から単行本掲載当時の表現をそのまま記載しています。 5.ネタバレにつきましては一切責任を負いかねます。また、ネタバレ回避措置は一切講じておりません。 6.法律解釈・適用に絶対の正解はありません。また、そもそも原作とわが国の統治形態それ自体が異なるところに、無理矢理日本国憲法を適用させていることとの関係上、かなりいびつな解釈になっている部分があります。可能な限り主要な学説、裁判例にのっとった解釈をしているつもりですが、本書の立場はあくまでひとつの見解であり、これと異なる立場や結論がありうることを否定するものではありません。 7.読者の皆様が実際に遭遇された事件につき、本書を参考にされたことに起因するいかなる不利益が生じましても、著者らは一切の責任を負いかねます。 8.なるべくわかりやすい文章にするよう心がけましたが、そのため正確性を欠いては本末転倒なので若干難解な部分があるかもしれません。その点ご理解ください。 9.<<事案の概要>>は、事案をわかりやすくするため省略、改変しているところがあります。事案の詳細は各自原作をご確認ください。 以上、ご注意の上、本書をご覧ください(本文条文込で22ページ)。 現役弁護士が書いた出張版マンガと法律(憲法編2) | RPガス [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=66276069
rpgas